自分本位。

株とモノ批評、時々小話。なんでもことばに。

【随時更新】ダイエットは短期集中・忍耐・我慢。 リバウンド度外視で減量に挑戦

引っ越しとコロナによりほとんど運動しなくなったため4キロほど太った。たった4キロだが数字以上に腹回りの肉がかなり気になる。そのためダイエットすることにした。

この手法は5年ほど前に1度成功している。3~4か月でできた。その時は68kg⇒53kgで15キロ減量に成功。なのでやろうと思えば多分また再現可能なはず。

現在の状況・目標体重

鼻手術の入院時(7/8)は約66キロ⇒病院食で65キロに減少。

何も食べない、排せつ済ませた状態(乾燥重量)で約64キロ

目標体重は湿重量(食事した後の状態)で55kg(-10kg減) 理想はボクシングバンタム級のリミットくらい(53キロ)

基礎代謝

上記サイトで計算。

f:id:jobsucks:20210726060758p:plain


私の基礎代謝量は約1,600kcalとなっています。

 ダイエットの手法・考え

ダイエットは単純です。

「基礎代謝量よりも食べなければ痩せる。」ということです。

 

 

・期間は3か月を目標。

・満腹までは食べない(50~60%くらいまで)

・基本的に昼はしっかり食べるようにする。

・食事は主に低カロリー(豆腐・春雨スープ等)のもの、あるいはプロテイン+牛乳やカロリーメイト・ゼリー飲料などの栄養食で済ます。昼はカレーや餃子等の野菜・肉・炭水化物をバランスよく食べられる食事中心。

・多少は気にするが糖質抜きダイエットとかではない。とりあえずカロリーは取ればOK

・不健康になったら本末転倒なので、サプリメント(エビオス)で栄養は補う。

・夜寝る前に養命酒を飲む

・運動はやりたいときにやる。動きすぎない。無理しない。

・スクワットだけはできるだけ行う

・1日の基礎代謝(自分の場合1600キロカロリー)を必ず下回るように食事する。

・理想は俳優クリスチャンベイル式の減量方法(毎日りんご1個とツナ缶のみだったらしい)

基本的に運動しなくても毎日の摂取カロリーが基礎代謝を大幅に下回ればいいんじゃないかという考えである。

傾向としては断食に近い(食事量はダイエット前よりも大幅に落とす)食事管理ダイエットのため、リバウンドの可能性は高いが痩せる事だけに重点を置くのでそれは一切無視。食べて痩せるダイエットというものはあり得ないと思う。痩せたければある程度の努力は必要。

個人的な持論として、基本的になぜ多くの人がダイエットできないかというと意思が弱く甘えが出る、モチベーションが保てない、明確な目標がない、時間をかけてだらだらやってしまう、このどれかがだいたい当てはまると思っている。

メリット・デメリット

メリット

・食費の節約

・痩せて見た目がスッキリする

・個人的な満足感

・時間の節約

デメリット

・短期でいきなり痩せるため不健康になる可能性あり

・好きなものを食べられないストレス

 

 

 

モチベーション維持のため定期的に体重の記録の投稿していきたいと思います。